ジャケットの構造

 

最近、立て続けにジャケットのご注文がありましたので、

ジャケットについて書いてみたいと思います。

 

当店のジャケットは、基本的には「ハーフハンド」と呼ばれる仕立てです。

ボタンホール、フラワーホール、えり、ゴージライン、袖付け、ポケット周りの星止め、裏地の縫い付け、などの箇所を手縫いで仕立てています。

ミシンでやろうと思えばできるのですが、手縫いが良いのです。

手縫いで仕立てる理由は、縫い目に柔軟さを出し、生地への負担を減らすためでもありますが、なにより、全体の雰囲気が柔らかくなることが一番の理由です。

当店は、リラックスしていてエレガントでもある、そんなスーツを仕立てたいと考えています。

 

写真は仮縫い段階のものです→


前身頃の裏には、毛芯が添えられます。

これを、ハ刺しと呼ばれる手縫いの手法を施すことで、立体的な形状を保ち、型崩れを防ぎます。

軽く、そして柔らかく仕立てるために、ハ刺しを少し粗めにしたり、毛芯の種類も厳選して色々工夫をしています。

 


お客様それぞれの体型に合わせて仕立てているので、規格サイズのトルソーに着せてもあまり綺麗な見た目にはなりません。

 


という感じで、今回、ジャケットの構造について軽く書きましたが、次回はもっと細かく書きたいと思っています。

でも、お客様のものとなると納期もあるので、あまり多く写真を撮る余裕は無いですね。(もちろん今回の写真は載せる許可をいただいています)

やはりサンプルを作って、その制作過程を細かく写真に納めて、地道に少しづつ完成させることにします。