「TNKYFKTN」について

このたび、当店初の既製服ブランドを立ち上げます。
名前は「TNKYFKTN(タナカヨウフクテン)」。
名前は変わらず、ロゴだけ変わっています。(頭文字をならべたロゴになっています)

2012年11月、当店は「ものを大事にする社会になってほしい」との想いで、オーダーメイドとお直しを始めました。
当時は商品はほとんど置かず、オーダーとお直しだけで、

一着を大事にしてもらえる仕組みを作っていこうと思っていました。

不良在庫になるかもしれない既製服を扱うことは「ものを大事にする」姿勢に合わないと感じていたのです。

あれからもうすぐ3年が経ちます。

それなりにこのお店で経験してきて、ある一つの単純な法則に気付きました。
それは「魅力的なものは自然と大事にするようになる」ということ。

もう当たり前すぎて、なんでいままで見えていなかったんだろうって思いましたね。

それに気付いてからは、オーダーメイドだけではなく、既製服でも当店の理念を実現出来る道はある!

と確信しました。

 

僕のクローゼットには、サイズが合わなくなって着られなくなったけど、

ずっととって置いてある服が数着あります。

それらはとても手の込んだ、今後なかなか世に出ないであろうクリエイションだと感じています。

もちろん一生手元に置いておくつもりですし、できればインテリアとして飾っておきたいぐらいです。
服は日用品ではありますが、それらの服は「芸術品」に昇華されていると感じました。


今回、既製服ブランドを立ち上げた目的もまさにそれです。
合理主義では作り得ない、丁寧で手の込んだものを、少数だけ作り続けて行きたい!
そして、売れたら終わりではなく、その後もお直しの必要があればお直しして、
結果的に一着を大事にしてもらえる仕組みが確立していけたら、これほど嬉しいことはありません。